本文へ移動

夏もうでスタンプラリー:御霊水

夏もうでスタンプラリー:御霊水

御霊水(ごれいすい)
 
 
上宮(じょうぐう)御本(ごほん)殿(でん)鎮座(ちんざ)する亀山の(ふもと)菱形(ひしがた)(いけ)のほとりに三つの霊泉(れいせん)()く井戸があります。常に清水(しみず)()き出て()えることのないことが知られています。
宇佐神宮に伝わる古文書には、豊前国宇佐郡(まきの)(みね)と菱形池の間に、大変奇異(きい)な姿をした鍛冶(かじ)(おきな)がいたので、大神(おおが)(のひ)()が三年間断食(だんじき)して精進(しょうじん)し、幣帛(へいはく)(ささ)げて祈ったところ、
三歳の小児(しょうに)の姿となって竹の葉の上に現れ「(われ)はこれ日本の(じん)(のう)第十六代誉田(ほんだの)天皇(すめらみこと)(ひろ)(はたの)八幡(やはた)麿(まろ)なり。
()が名は、護国(ごこく)霊験(れいけん)威力(いりょく)神通(じんつう)大自在(だいじざい)(おう)菩薩(ぼさつ)なり」とお()げがあり、八幡大神がこの御霊水の(あた)りに初めてお姿を現したと伝えています。
また、ここを御鍛冶場(おかじば)と呼ぶのは、鍛冶(かじ)(おきな)が現れたという伝承や、社僧の(しん)(そく)がこの御霊水で社宝の刀「(しん)(そく)」を鍛えたという事跡(じせき)によります。
2
8
0
8
7
1
TOPへ戻る